日常英会話を学ぶ

このサイトは、日常英会話をモノにしたいあなたの為の情報サイトです。英会話を日ごろから取り組んでいる人は、「なかなか思うようにネイティブと会話ができない」とか、「もっとカッコいい表現が使えたら良いのに」等と思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで、このブログでは、日常英会話に使えそうな様々な表現等を積極的にご紹介したり、英会話に役立つウエブサイトなどをご紹介して行きます。

日常英会話に大事な事とは?

1:聞く力

日常英会話に大事なのは、相手のいう事をしっかりと理解するリスニング力が絶対に必要です。これは、会話の基本ですね。自分の言いたい事がいくらあっても、やはりまずは相手のいう事を理解する力が必要です。

2:話す力

もちろん、聞くだけを繰り返しても意味がありません。しっかり自分の思う事を相手に伝える事が必要です。ここでは、文章の構成力(文法力)と、しっかりとした発音が必要になってきます。

3:会話の内容がわかる力

相 手のいう事をしっかり聞き取れても、会話自体が何の話をしているのか分からなければ意味がありません。そこで必要となってくるのが「社会的な一般常識」な ど、一般教養です。「日常会話」と言えども、政治の話になる事も英語圏ではよくあります。そんな時、世界の政治情勢などを知らなければ、全く会話になりま せん。

ここで注意しないといけないのが、一般常識や社会常識が日本と英語圏では異なる、という事です。英語を日本人同士で話すのであれば問題はありませんが、英語圏でネイティブと「日常会話」をしたいのであれば、英語圏での常識を知る必要があります。

総合的な英語力が必要

つまり、「日常英会話」がしたいからと言って、会話の練習だけすれば良い訳ではありません。つまり、英語の総合力が出てくるのが「日常英会話」なのです。

では、英語の総合力をつけるには、どうすれば良いのでしょうか?それは、正しい英語の勉強法で英語全般を勉強する事です。会話にとらわれず、ボキャブラリーを増やし、正しい文法と発音で正確に言いたい事を相手に伝える力が必要になるという事です。

では、英語の総合力をつけるにはどうすれば良いでしょうか?色々な英語勉強法が言われていますが、私がお勧めするのはこの英語勉強法です。この英語勉強法はお医者さんでもあるDr.Terukiさんが発表している方法です。この方法は私もやっていて、効果があります。

そして、やはり英会話学校に行く事も必要だと思います。これも様々な学校がありますが、私がお勧めするのはディレクト・メソッドという方法を取っている英会話学校のベルリッツです。

この先このサイトでは様々な日常英会話習得に役立つ情報をお届けしていきますが、基本的には上記の英語勉強法とベルリッツの組み合わせが一番良いように思います。

Comments are Disabled